Juliette


洗練された伝統的魅力を備えたコレクション

洗練された伝統的魅力をあますことなく、今の時代に再現した「Julietteジュリエット」コレクション。 ローズカットダイヤモンドを効果的にあしらい、美しくも切ない物語を紡ぎます。1500年頃から採用されているローズカットは、その形がバラのつぼみに似ていることから名付けられました。きらびやかな輝きは、歴史上最も有名なダイヤモンドのひとつであるグレート・ムガルにまつわる不思議な物語を思い出させます。言い伝えによれば1650年より後の時代にベネチアの職人がダイヤモンドの原石にカットを施し、280カラットのローズカットダイヤモンドに仕上げたといわれています。この壮麗な宝石が現在どこにあるのかは判っていませんが、それでもこのカットの美しさは時を超えて変わることなく、今なお私たちを魅了し続けています。
detail_20055242_D_Lace
detail_20056627
「Julietteジュリエット」コレクションの持つ特別な魅力は、独創的なパターンとローズカットダイヤモンドとの完璧なコラボレーションによって生み出されています。現代的なエレメントや直線的なアールデコ、曲線的なアールヌーボーを組み合わせた繊細な半円形のパターンは、イタリアでは「リバティ・スタイル」(米国では「ティファニー・スタイル」)と呼ばれるデザイン様式です。このゴールドとダイヤモンドによる、リング、ネックレス、イヤリングは流行に左右されない伝統的なデザインを特徴としており、歴史が持つ不思議な魅力と情熱を呼び覚ますロマンティックな力を備えています。