FIORI D’ARANCIO

1952年1月31日のことです。ロシア帝国ツァーの子孫であるニコラ・ロマノフ大公は、イタリア貴族の中でも最も由緒ある家族の一つの出身であるズヴェーヴァ・デッラ・ゲラルデスカ伯爵夫人とカンヌにて結婚します。花嫁の頭上には花模様をモチーフとした優雅なティアラがありました。このジュエリーからヒントを得て、ダミアーニは花嫁の孫娘であるニコレッタ・ロマノフとのコラボレーションによって、フィオーリ・ダランチョ(オレンジの花)コレクションを世に送り出しました。

ダミアーニの高級宝石細工

ティアラ

頭部を覆う花柄の高貴なモチーフは、デザイン、原材料、至高の職人技の間の完璧なバランスによってもたらされたのです。数えきれないほどの研究時間、6カ月以上の作業期間、約500グラムのゴールド、4,500以上のダイヤモンドが、この装飾品をハイジュエリーの傑作へと仕上げるために使われました。その中でダミアーニはツァーの素晴らしい伝統と出会うことができたのです。

ティアラ